病気に

2014年に心筋梗塞を患ったそうです。                         それを期に健康に生きようと、食に気を遣い、歩くこと、ゴルフともう一度真剣に向き合うことにしたという事です。

大病を経験すると、本当に考え方、生き方が変わるみたいですね。健康であったら何でもできる。生きているだけでもうけもの。みたいな事がわかるような気がします。

 

プロゴルファーとしてデビュー

病気を境に、考え方が変わり、健康に生きようと思った良郎氏は、目の色を変えて練習に取り組んだということです。                               そして、2015年、アジアシニアツアーのプロ資格を取得したそうです。55歳になってからのプロへのチャレンジ。すごいですね。

スポンサードリンク

最後に

さくらパパとして有名な横峯良郎さん。国会議員時代は、いろいろと大変な事も経験されたと思います。そして大病を経験されて、考え方が変わり、ゴルフにもう一度真剣に取り組む。実際にプロテストに合格。元々ゴルフの才能があったとはいえ、年齢的に、近い年齢の方の励みになっていると思います。そして若者にも真剣に取り組めば何でもできるというところを教えてくれたと思います。

今後の横峯良郎さんのご活躍を心よりお祈り申し上げます!