(1/22追記) 「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」#188 番組を見ました

番組を見ました。

山田たかおさんは、芸能生活50年。そして、「笑点」で座布団を運んで32年というのをかなりアピールしてましたね。

1台目に登場したのが、ポルシェ914でした。ミュージシャン加藤和彦さん、佐藤公彦さんから乗り継いだとの事でしたね。このクルマは、VW社との共同開発のクルマでミドシップエンジン車のワーゲンポルシェと言われていたようですね。当時914は、デザインがいかにもポルシェという911のようなデザインと違っていたので、軽そうなポルシェだなという感じで覚えています。今見るとデザインが美しいですね!登場車は、2000cc4気筒車でインジェクションからキャブに変更したとういう事でしたが、この頃のインジェクションは電子制御ではなく機械式のインジェクションだったのではないですかね?部品調達がしやすく扱いやすい汎用のキャブレター仕様に変更したのかもですね。しかしきれいなクルマでした。なんか自分も欲しくなっちゃいました。^^

2台目に登場したのが、日産フィガロ。バブル末期の抽選で当たった人が買えるクルマだったみたいです。このマーチベースのクラスで、本革シート。しかも白。なかなかいい感じだと思います。Be-1、PAOと日産も商売的にもうまい売り方していたなと思います。^^

雑談として、笑点の大喜利コーナーの座布団の話が出ていました。それにしても重い座布団だと思います。重さが約3Kg、36,000円/個なのだとか。。。

スポンサードリンク

そして、番組のコーナーとして定着した、「ジャケドラ」ですが、今回は、2015年発売の「MAN WITH A MISSION」というSeven Dea Dly Sinsのジャケットでした。軽車両に該当するという事で、クルマではなく、ジャケットに写っている犬ぞりが車両との事でしたね。曲、アーティストを私自身知らなかったので、正直なところよくわかっておりません。。。

いよいよ光岡自動車のクルマが登場した3台目は、ビュートでした。このクルマは、日産マーチが種車という事でしたね。確かに、顔はジャガーMarkⅡにモチーフでした。

(自動車メーカー光岡自動車については、別記事で書いていますのでよろしければコチラもご覧ください。)

そして、4台目の登場車は、光岡自動車の「ヒミコ」でした。このクルマは、美しいですね。ロングノーズが為に、料金所等でマジックハンドを使用してるとか。番組予告で、山田たかおさんが「わたし、乗らないのです」と言っていたのは、ほとんど乗らないと言っていただけで乗らないわけではなかったですね。7年で8,000kmしか乗っていないそうです。ロングノーズ車と言えば、メルセデスのSLSが思い浮かぶけど、SLSの長さでもマジックハンドが必要なのかな?と思ってしまいました。^^ SLSは完全に左ハンドルだから使いようがないですかね?

5台目、最後に登場のクルマは、光岡自動車の「オロチ」でした。これが予告で出ていた、光岡自動車の伝説の1台ってことですね!私も憧れ1台ではあったのだけど、テレビでじっくりと見てみると、本当にヘビみたいなクルマで気持ち悪さすら感じました。わたくし、ヘビが大の苦手なのです。おまけに視界も悪いし乗りにくそう。個人的には、「ヒミコ」の方がいいな。と思ってしまいました。(・・;)

では最後に、山田たかおさんにとって 車とは・・・ 憧れ である。ということで、まとめとします。。山田たかおさんって笑点で見るのと同じちょっとだけ切れキャラ?でとっても楽しい方でしたね。^^「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」、今回も楽しかったです!