ひばりさんとの密会?大岡越前が真っ青?登場車種など愛車遍歴の番組の予想について

©BS日テレ 出典:おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR,NO LIFE!

さて、里見浩太朗さんが、10月15日 BS日テレ  土曜22時から放送の 「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」#181に出演されますが、愛車遍歴として、どんな車が出てくるのでしょうね。

予告では、まず、ジャガーXJが登場。そして1950年代のオープンのアメ車が登場! シボレー ベルエア?いや違います。正直わかりませんでしたので、調べてやっとわかりました。オールズモビル88コンバーチブルという車のようです。この車知りませんでした。具志堅用高さんの時から登場している道路標識に見立てたチャート図には、「20 ひばりと深夜の密会」とあります。20歳ごろのデビュー当時、里見さんは、美空ひばりさん主演映画の助演的な役柄をやっていたような時期であると思うので、深夜、この車にひばりさんを乗せてドライブとかしていたのかもしれませんね!当時の話が楽しみです。

大岡越前の加藤剛さんが真っ青って、何があったのでしょう?

最後に出てきたSUVの試乗車は、レンジローバーだと思いますね。細部は見えませんでしたが、上質感はさすがですね。

番組ではどんなストーリーがあるのでしょうかね?

芸能生活60周年という事でおそらく星の数ほどの数えきれないくらいの愛車遍歴があると思われるの里見浩太朗さんが、どんな車に乗ってきたのか?今度の放送も今から楽しみです!

スポンサードリンク

最後に

今年80歳(傘寿)を迎えられる里見浩太朗さん。10歳くらいは若く見えますね。

今後の里見浩太朗さんの今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!

 

(10/16追記) 「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」#181 番組を見ました

番組を見ました。

まずは、オープニングで里見浩太朗さんを、最近は篭に乗ってそうだとか言いながら「ミスター時代劇」と紹介。

50坪弱の家を130万円で買っていた時代に、外車は300万円していたとか。クルマが誰で買える時代ではなかったのがわかりますね。

そんな外車ばかり乗リ継いできた里見浩太朗さんは、半端ではないクルマ好きだったのがわかりました。

話が突然変わりますが、しかし、今回も竹岡圭さん、きれいだな~。恋をしている?ちょっとスリムになりましたかね?スミマセン。圭さんファンでもあるので、毎回まず圭さんに目が行ってしまします。^^

 

さて、里見浩太朗さんの一台目ですが、「オールズモビルスーパー88 コンバーチブル」でした。

里見さんがお乗りになっていたのは、コンバーチブルモデルでなくクーペモデルとの事でしたね。

番組予告で気になっていた美空ひばりさんとのはなしですが、機嫌が悪いひばりさんをひばりさんの母から里見さんにどこかに連れて行ってと言われ、それではドライブにでもという事で、比叡山に夜のドライブに出かけた話でした。

その時の比叡山山頂?の人の多さとひばりさんの当時の人気を考えたら、二人でいるところを見られらたとんでもないという事で、すぐにひばりさんを自宅へおかえししたような話だったと思うのですが、あの時、勇気を出して、展開が変わていたら、天下のお嬢、美空ひばりとキスでもできたかもしれない。言っていました。

私でも、「あの時、勇気を出して、もう一歩踏み出していたら。。。」というような話がひとつやふたつあります。きっとだれにでも たられば話ってあるものだと思います。けど、それをしなかったから、いいのか悪いのかわかりませんが今があるのだし、そのことを話せるのではないかなと思いますね。やはぎさんも言っていたけど、比叡山でキスしなくてよかったのではないですかね^^

 

さて、2台目に登場は、「ジャガーXJ」でした。

この車、私も憧れますね。登場車はシリーズⅢ年代のXJだと思いますが、私は、トヨペット コロナ マークⅡ(マークⅡの歴代3代目)(1976年デビュー)は、どこかジャガーXJのシリーズⅡを意識してデザインだと思ってます。

トヨペット コロナ マークⅡ(マークⅡの歴代3代目)については、よろしければ戸田奈津子さん出演時(#179)の記事をどうぞ 

ほんの10年位前までは、外車は電気系統はじめいろいろと日本車に比べ弱い車が多かったとよく聞きますね。

当時の水戸黄門の共演者である格さん役の大和田伸也さんの結婚式の帰りに里見さんのジャガーXJが止まってしまい、大雨の中、弥七役の中谷一郎さんと、八兵衛役の高橋元太郎さんがタキシードを着たままびしょ濡れになりながら押してくれたという話でした。何度かもう乗り換えようと思ったと思いますが、それ以上に魅力がある車だったのでしょうね。

 

3台目に登場したのが、メルセデスベンツ Sクラス(W220) S600Lでした。

この車は、個人的には歴代Sクラスの中で1番かっこ悪い顔だなと思います。ひょうたん型のヘッドライトがきらいです。同時期のCクラス(W203)の顔もあまり好きではありません。(あくまでも個人的にです)しかし、Eクラス(W210)の顔は好きだから、個人的にひょうたん型のランプが嫌いなのだと思います。

この車で、ゴルフ場に移動中、右リアのタイヤがバーストしてしまい、同乗していた大岡越前の加藤剛さんと水戸黄門の弥七の中谷一郎さんが真っ青な顔をしていた。という話でした。しかし、この話題の時の里見浩太朗さんの運転テクニックを聴いてて、里見さんって運転上手なんだろうな。と感じましたね。

 

そして現在お乗りの愛車は、ジャガー Sタイプ(主に奥様がご使用)、レクサス LS600hL、メルセデスベンツ GLC250(主に仕事用)という事でしたね。ジャガーSタイプは、里見さんにしては長い事所有している感じがしますが、奥様にちょうどいいいサイズで乗りやすいのではと想像しますね。

 

そして4台目ですが、この車は、愛車でなく傘寿(80歳)に乗ってみたいSUV車ということで、ランドローバー レンジローバー AUTO BIOGRAPHYという上級グレードのクルマでした。

たまたま来週のアンコール放送の予告で、松任谷正隆さんが旧型のレンジローバーに乗っている場面が映りました。もちろん旧型の当時の良さもあるとは思いますが、里見浩太朗さんが試乗したレンジローバーは、形状も洗練されているしさすがの質感でしたね。1806万円との事。。。^^

 

それから、前回の宮川一朗太さんご出演#180の時から番組に新設されたコーナー「ジャケドラ」の今回は、1979年の岩崎宏美「夏に抱かれて」のジャケットでしたね。ジャケットに映っているトランクの中に岩崎宏美さんがはいっている車ですが、何となく日本車ではないかと思ったのですが、810ブルーバードでは?と個人的には思いましたがどうでしょう?

このコーナーに使われていたおぎやはぎのお二人が後席に乗っていた車は、今回もアウディ100でした。しばらく続きそうなコーナーですね。

 

それでは、里見浩太朗さんにとって 車とは・・・ 自分で運転して楽しむべきモノ  である。ということで、まとめとします。

里見浩太朗さんはやはり大物でした。そしてもうじき80歳とは思えないほど若いです。週に4日以上でしたかね?プレイしているゴルフが若さの秘訣なのかもですね。

「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」、今回も面白かったです!