宮崎県の紅葉の名所(スポット)

宮崎県の紅葉の名所(スポット)は数知れずあるのでしょうが、私が行ってみたいなと思う4カ所、えびの高原、高千穂峡、五ケ瀬渓谷、見立渓谷について調べてみました。

えびの高原

 

紅葉の散策路

出典:えびの市HP

宮崎県えびの市大字末永 見頃:10月下旬~11月上旬

えびの高原 (えびのこうげん)

えびの高原は、池めぐりコースと呼ばれる三つの火口湖(白紫池、六観音御池、不動池)をめぐるトレッキングコースがあります。散策しながらの紅葉は、かなりきれいで期待ができそうです。

高千穂峡

kyou%20001%20(6)1.jpg

出典:高千穂町HP

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井字御塩井 見頃:11月中旬~11月下旬

高千穂峡 (たかちほきょう)

あまりにも有名なこの景色、ボートから見た紅葉は、どんな感じなんだろう?高千穂町は、歴史ある神社がたくさんあり、紅葉を見たら、神社巡りも行いたい。

五ケ瀬渓谷

出典:ごかせ観光協会HP

宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡 見頃:10月下旬~11月上旬

五ケ瀬渓谷 (ごかせけいこく)

九州唯一の五ケ瀬ハイランドスキー場が有名な、五ケ瀬町にある五ケ瀬渓谷。白滝もあり、しぶきに紅葉が映え美しい風景が見られるとの事。冬だけでなく紅葉を見に行ってみたいところでもあります。

見立渓谷

出典:日之影町観光情報サイト

宮崎県西臼杵郡日之影町大字見立 見頃:10月下旬~11月中旬

見立渓谷 (みたてけいこく)

日之影川上流にある渓谷。日本の棚田百選の「石垣の村」、国の有形登録文化財の「英国館」があるようなので、紅葉で目を癒したら、是非、こちらの方にも行ってみたい。

スポンサードリンク

最後に

熊本地震から早3か月。まだ3か月なのかもしれない。地震の影響で、観光客減など、九州全体の観光産業に大きな影響が残っているようです。復興の願いを込めて、今年の後半は、九州内をまわって、いろんな物を見たり、触ったり、食べたりしてみたいと思います。今回は、行ってみたい宮崎県の紅葉の名所についてまとめてみました。ベストな時期に行ければいいなと思います。