登場車種など愛車遍歴の番組の予想について

©BS日テレ 出典:おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR,NO LIFE!

さて、宮川一朗太さんが、10月1日 BS日テレ  土曜22時から放送の 「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」#180に出演されますが、愛車遍歴として、どんな車が出てくるのでしょうね。

いつも番組予告を何度か見直して、登場する車を予想するのですが、今回は、アンコール放送だったため、録画をせずに渡辺徹さん出演の番組だけ見てました。一回見て覚えているのは、ホンダのインテグラが出てきたことくらいです。あとはPTA会長をやっていたような話しか覚えていません。

それから、上の番組HPにアップされていた写真から想像すると、ハンドル真ん中のマークがBMWっぽい気がします。しかしBMWって写真のようなダッシュボードのモデルってありますかね?色もブリティッシュグリーンようなまたは紺のような?写真からはわかりませんでした。見てのお楽しみとしたいと思います。

車にからめてどんなストーリーがあるのでしょうかね?

宮川一朗太さんが、どんな車に乗ってきたのか?今度の放送も今から楽しみです!

 

最後に

爽やかな感じがする宮川一朗太さん。いつ見ても若いままで年を取らないイメージがあります。まさにイメージは、昔から変わらず、ナイスガイ!

今後の宮川一朗太さんのご活躍を心よりお祈り申し上げます!

 

(10/4追記) 番組を見ました

番組を見ました。

まずは、宮川一朗太さんのお父さんのベンツ280SEかな?と一緒に映っていた、元祖豪華カーフェリー「さんふらわあ2」(「さんふらわあ」と姉妹船)に目が行きました。高知港だったのでしょうか?宮川一朗太さんはやはり育ちのいい、いい所のおぼっちゃまだったのですね。^^

 

さて、1台目の登場車は、ホンダ バラードCR-X Siでした。やっぱりこの頃のホンダ車は、シビック、アコードもでしたが、Siでないとというのが私の中にはどこかにありました。

Siは、当時の最高グレードで、高出力エンジン搭載車でした。iはインジェクションモデルの証し。

この頃はまだツインキャブタイプも含めまだキャブレターモデルと混在の頃だったのではと思います。

セミリトラクダブルライトもこの車は、似合っていたと思います。その他にセミリトラクタブルライト搭載車は、いすゞのピアッツァ、日産のフェアレディZが思い浮かびます。ちょっと開き方が違う可動式ポップアップ式と言えば、トヨタのセリカ、ポルシェの928やランボルギーニのミウラなどもそうですね。

それから気が付いたのが、無限のホイールが装着されていました。ホイール自体にたくさんつけられたフィンは、確か冷却しやすいようにつけられたデザインだったはずです。

この車のハッチバックドアに自動車電話のポールアンテナは、似合わないような^^女子に持てたくていろんな物をつけた良き時代だったのだと思います。

 

2台目の登場車は、これまたホンダ車のクイント インテグラでした。

山下達郎の♪ 「風の回廊(コリドー)」をバックに男同士のペア、女同士のペアがフロント席にサングラスをかけて同性の二人がドライブしているというようなCMが話題になったインテグラだったと思います。

この車も、無限のホイールがついていましたね。

番組でおぎさんが、2代目「かっこインテグラ」の話もしていましたが、この初代の方が断然センスがいい車だと思いますね。

全車DOHC車という触れ込みでデビューしたの1600ccの3ドアハッチバックのデート車だったのに、後に5ドアハッチバック、4ドアセダンも追加され、1500ccのSOHC車も追加されたのが個人的には寂しいですね。

初代インテグラのCM。最初の女性のペアの3ドアは、かっこいいなぁ。

 

こちらが、2代目 かっこインテグラのCM。

 

 

番組では、今回から「ジャケドラ」という新コーナーができていました。今回はビートルズの「アビイ・ロード」というレコードのジャケットの写真についての話でした。乗っていたアウディ100の天井がちゃちいのがなんか気になりました^^。

アウディ100は、現在のA6の流れの元祖な車だと思います。

このコーナーは、ずっと続くのでしょうか?

スポンサードリンク

3台目の登場車は、日産 テラノでした。初代のタイプで、何となくクジラに似た顔が特徴な車でした。

ライバルは、トヨタのハイラックスサーフで、テラノの2代目は、どこかサーフに似たデザインだったような。

初代の宮川一朗太さんが乗っていたタイプは、かっこいいと思います。

VG30のV6エンジンも軽快だったでしょうね。

それから、この車の紹介の時に、宮川一朗太さんが、後部座席の足元にエアーマットを敷いて平らにして子供たちが乗っていた。説明をしていた場面、竹岡圭さんが、「あった、あった」としきりに同意していましたが、彼女の記事で読んだことがあるのですが、実は、竹岡圭さんも子供の頃、お父さんの車で同じようにエアーマットを足元に敷いて乗っていた事があったのだそうです。いや、実は私も小さい時に父親の車に同じようなマットがあったのを思いだし、竹岡圭さんと同じだなと。「あった、あった」と同意したことをまた思い出してしまいました。^^

 

最後の4台目、現在、宮川一朗太さんがお乗りの車。番組HPにアップされていた写真からBMWだとは思っていましたが、3シリーズでも5シリーズでも7シリーズでもなさそうだし、もしかしたらX1とかX5かな?と思っていました。

正解は、1シリーズの116iスポーツというタイプでした。

宮川一朗太さんの116iのエメラルドブルーでしたっけ?色がきれいですね。

 

 

それでは、

宮川一朗太さんにとって 車とは・・・ 人生を映す鏡  である。

ということで、まとめとします。

 

今回の「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」、宮川一朗太さんはやはりナイスガイでした。

この回も面白かったです!