大学教授に転身、自宅を自分で設計したなど 見城美枝子さんのその後

ケンケン(見城美枝子さん)は、4人の子供の子育ても落ち着いた頃というのもあったのだったのでしょうか?関心があった建築を住空間を通して学びたいと1993年早稲田大学大学院理工学研究科へ入学しています。そして1995年修士課程修了。1999年には早稲田大学大学院理工学研究科博士課程入学し2005年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程単位取得しております。そして現在は青森大学の教授を経て副学長、新島学園短期大学 客員教授、サイバー大学 教授をされてるようです。

そして2002年頃の早稲田大学大学院理工学研究科博士課程在学中でしょうか?「見城美枝子の本音で!リフォーム奮闘記」という本を出版していらっしゃいます。自宅をご自分で悩み試行錯誤しながら設計しリフォームした体験本で、これからリフォームする方の何らかのお役に立てればという内容の著書なのではないかと思います。大学院で学んだことも大いに生かされたリフォームだったのではないでしょうか。

建築家のイラスト(女性)

リフォームしてから更に年月が経っていると思うので、もしかしたら、自分で設計したご自宅を新築されて今お住まいなのかも知れませんね。^^

スポンサードリンク

最後に

私は、40代の只のおじさんですが、小学生の低学年で見ていた、TBSテレビで放送していた「おはよう700」という番組が忘れられません。それは、今思うと自分自身が日本地理に興味があったことで、お天気カメラを通して、毎朝全国各地の様子がテレビの画面から生中継で見えた番組だったからなのではないかと思います。この番組でTBS系列の全国の放送局は覚えましたし(SBC信越放送が松本市のお天気カメラだったから、長野県の県庁所在地は、松本市だと一時期思っていました。^^)、 それから番組の中の「キャラバンⅡ」というコーナーも忘れられません。このコーナーで流れていた♪「カントリーロード」の存在も大きかった。私の中では生涯ベスト5に入る名曲ですね。

そしてこの番組の司会をし、実際に「キャラバンⅡ」のコーナーで世界中を旅していたケンケン(見城美枝子さん)も忘れられず、今回書いてみようと思いました。

ケンケン(見城美枝子さん)は、「おはよう700」に出演されていた頃と同じように今でもパワフルでした。彼女は、さらに学ばれて、現在は大学の副学長、教授をされていました。彼女ももう70歳を越えていますがますますパワフルな感じがします。今後の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます!