全力であるが故に車中泊

仕事が終わったら、銭湯に入り疲れを癒し、全力であるが故に愛車で寝る。という事で、今流行りの車中泊をしているらしいです。

それで、どんな車で車内泊?と、キャンピングカーかそうでなくても広い車内のワゴン車かと思って調べてみたら、ビックリ!なんと普通の軽自動車だそうです。

それもホンダバモスのようなワンボックスタイプではなく、今多いホンダNボックスのようなスライドドア車でもなく、おそらくちょっとだけ背が高いワゴンRのような形の軽自動車ではないかと思います。

(下の写真)

P2260989.JPG 出典:TBSラジオ 「ザ・トップ5」

このサイズの軽自動車のシートを倒して、寝袋に包まり寝るそうです。それもハンドル側だそうです。

蟹江一平さんは、身長が180cmあります。大き目の体だと思うのですが、足をゆっくり延ばして眠れるのでしょうか?シートを倒しただけでは、体のどこかに無理が来そうです。今よく言われるエコノミー症候群は大丈夫なのでしょうか?と心配をしてしまいますが、余計なお世話ですね。

個人的には、ゆっくり足を延ばして眠れそうなハイエースのMRT(マルチロールトランスポーター)なんかお薦めです。(写真)

[11] シングルベッドキット 出典:トヨタ自動車 ハイエース

しかし、私も経験ありますが、きちんと寝る体制にかしこまってするとなると逆にベットがあっても使わないものです。私でも運転席のシートをちょっとリクライニングして寝てしまった方がしっくりくるかもしれません。まして蟹江一平さんは、軽自動車サイズに慣れています。いきなりのハイエースサイズは、駐車場や運転に面倒な気がしてきました。

本格的なキャンピングカーでなくてもこういう車があると、みなさんに知ってもらえればと思います。^^

スポンサードリンク

俳優業について

私は、蟹江一平さんを、半年前まで再放送されていたNHK連続テレビ小説「どんど晴れ晴れ」に出演されていたのを見て初めて知りました。

この「どんど晴れ」の本放送は、2007年という事なので、9年前のドラマという事になります。1999年NHK朝ドラ「すずらん」でデビューとなっています。結構長く俳優されているのに、私があまりドラマを見ないため、蟹江一平さんを知るのが遅くなってしましました。

そんな折、先日たまたまテレビで見た、「劔岳 点の記」(つるぎだけ てんのき)という映画を見て、蟹江一平さんを思い出しました。いや~この映画、落下すれば命を落としかねない場所での撮影、大変だったと思います。見ていてすごい映画だと思いました。

その他にも、俳優としてたくさんのドラマにも出演されておられますね。

髪型がロン毛になってますね

私は、蟹江一平さんってNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の役柄のイメージが強いためか髪型は、角刈りっぽいイメージがあるのですが、最近は、ロングヘアーなのですね。

輪郭がスッキリしているので、短い角刈りっぽい髪型が似合うと思ってましたが、やはり音楽好きがそうさせてるのか、ロン毛も似合ってますね!

美声を生かしたナレーター・ラジオでの活躍

NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の再放送を見ていて、声が通る俳優だなと思っていましたが、最近では、ラジオに出演されたり、ナレーターとして出演されたりしているようです。

テレビ東京「未来世紀ジパング」ナレーション担当 毎週月曜日22:00〜。お父様の蟹江敬三さんが同局の「ガイアの夜明け」のナレーターをされていたこともあり、番組は違いますが、ナレーターの仕事を引き継げた感じがしてよかったです!

TBSラジオ「蟹江一平 One Night TOKYO」。これを私は時々聴いているのですかね?スミマセン、途中途中ながらで聴いていて番組名を憶えていませんが、声が通るし、話も楽しいし、聴いていますがおもしろいですよ!

歌番組でも優勝されたようだし、美声な俳優さんだと思います。

父・故 蟹江敬三さんについて

NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の再放送を見ていて、蟹江って苗字を見たときにもしかしてお父さんは、俳優の蟹江敬三さんでは?とすぐにネット検索をかけました。

やはり思った通り、蟹江一平さんのお父さんは、故 蟹江敬三さんでした。

歳を重ねてからは、役柄も味のある役や前述の「ガイアの夜明け」のナレーターなどをしていたお父さんの故 蟹江敬三さんは、昔は、悪役が多く、その影響で、蟹江一平さんが子供の頃にいじめにあった経験があるそうです。

故 蟹江敬三さんの末期の仕事としては、俳優としては、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のアキの祖父役、そして私が見ていた「ガイアの夜明け」のナレーターでの声が耳にいつまでも残っていますね。

蟹江一平さんの美声は、ちょっと声質は違いますが、お父さんゆずりではないでしょうかね?

年齢や結婚などについて

1976年6月生まれなので、年齢はちょうど40歳になりますね。(2016年8月現在)

結婚はされているようですが、子供はいないそうです。

最後に

最近、ナレーターやラジオ番組で、声でも活躍している蟹江一平さん

40代になり、男としては、これからますます魅力を増してくるのではないでしょうか。

お父様の故 蟹江敬三さんが、あまりにも印象的な方だったため、その息子さんという視線で見てしまうところもありますが、本人が「やや売れ俳優からじょじょ売れ俳優に」というようにだんだんと魅力がでてきた蟹江一平さん

今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます!