ゴーラーの名付け親が使う専用スプーンとは

「ゴーラー」とは、原田泉さんが、著書の中で表現している、かき氷フリークの総称であり、原田泉さんが「ゴーラー」の名付け親のようです。

その原田泉さんが使う、かき氷専用スプーンがあるそうです。

出典:ぴあ

3500円で知り合いに作ってもらった、すくう部分が大きいのがポイントで平らな部分が重要だという、原田泉さん専用の特製かき氷専用スプーン。

とても食べやすいそうです。私も欲しくなりました。^^ どこで作ってくれるんだろう?

出身地について

原田泉さんの出身地は、鹿児島県だそうです。

色付きのいわゆるカラーシロップのかき氷を食べたのは、東京に来てからなんです。鹿児島ではかき氷とも言いませんね。「白熊」なんです。

出典:ぴあ

なるほど!鹿児島県では、「白熊」なんですね!

しかし、最近は、氷「白熊」も鹿児島県だけでなく、九州の他の県でもだいぶメジャーになってきている気がします。

スポンサードリンク

最後に

本当に今年の夏は、暑いです。

かき氷でも食べたいと思っていた時に、かき氷フリークの総称である「ゴーラー」という呼び名を知り、原田泉さんの事を知りました。

わたくし、実はまだ原田泉さんのかき氷本2冊を読んでおりません。これ読みたいなという本を1日たてば、すっかり忘れることが多いので、とりあえず、ブログに残してみました。写真がきれいな本だと思いますが、上のイメージ動画を見ているだけで、うわぁ食べたい!といろんなかき氷に釘付けなりました。著書の方の「にっぽん氷の図鑑 かき氷ジャーニー」、「一日一氷・365日のかき氷」を早く読んでみたいと思います。

原田泉さん、今日のところは、「にっぽん氷の図鑑 かき氷ジャーニー」、「一日一氷・365日のかき氷」の2冊の本を知っただけですが、とりあえず、気分だけでも涼しくしてくれて、ありがとうございます。