瑛太さんは薩摩(鹿児島)のしかも西郷家の血が流れている

会見の時、瑛太さんは自分が薩摩(鹿児島)の血が流れていることを明かしたとの事です。しかも祖母が西郷家の血を引いているそうです。

鹿児島県出身とはいえども西郷隆盛の血を引いている人は本当に少ないと思います。西郷隆盛だけで見ると、瑛太さんはかなりの確率で選ばれて生まれてきた方だと思います。

血を引いているという事もあってか?主役が発表された時、「あっ、俺じゃないんだ!」と会見会場を笑わせたのには瑛太さんのユーモアを感じました。^^

 

瑛太さんは小松帯刀役として前回の幕末の薩摩藩背景の2008年の大河ドラマ「篤姫」にも出演していた

瑛太さんは、2008年の大河ドラマ「篤姫」にも出演しています。

「西郷(せご)どん」とまさにまったく同じ時代設定の大河ドラマ「篤姫」でしたが、この時の瑛太さんは維新の十傑のひとり、薩摩藩の小松帯刀役でした。

わたくしモモガドも幕末のドラマ好きなのでもちろん見てましたが、瑛太さんを一皮むけた俳優にしたのはこの大河ドラマ「篤姫」だったのかもしれないですね。

瑛太さん本人もこの「篤姫」でステップアップできた。と言ってます。

スポンサードリンク

小松帯刀、大久保利通と演じてきて瑛太さんが言う俳優として次のステップとは大河ドラマで西郷隆盛を演じることなのか?

2008年のNHK大河ドラマ「篤姫」で小松帯刀役、今回2018年の「西郷(せご)どん」で大久保利通役を演じる瑛太さんですが、明治維新に尽力した薩摩藩の3人(西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀)をNHK大河ドラマで演じていないのは、西郷隆盛役だけです。

瑛太さんは、会見の時に、「(大久保を演じて)俳優として次のステップアップにすすみたい。」と言っています。

もしかしたら、次のステップアップとは、何年後にあるかわからないですが、次に幕末、明治維新を描くNHK大河ドラマがある時は、西郷隆盛役は瑛太さん自身がしたいという事なのではないだろうか?

西郷家の血が流れている瑛太さんです。一度は自分にゆかりがある西郷隆盛役を演じたいはず。それも主役で。

次のステップアップという言葉に、どうしても意味があるように感じたわたくしモモガドですが、私自身もいつかは瑛太さんに西郷隆盛役を演じさせたいです。それもNHK大河ドラマの主役としてです。^^

 

最後に

2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新たな出演者の発表があり、瑛太さんが大久保利通(一蔵)役に決定したということを知りました。

10年前も「篤姫」でNHK大河ドラマで幕末、明治維新の大久保利通と同時期に活躍した薩摩藩の小松帯刀を演じていますので以来10年ぶりの大河ドラマが同じく薩摩藩の武士を演じるというのも瑛太さんにとって薩摩藩と不思議な縁があるような気がしてなりません。

ましてや瑛太さんは自分が薩摩(鹿児島)の血が流れていることを明かしたとの事です。しかも祖母が西郷家の血を引いているそうです。

大河ドラマ「西郷(せご)どん」出演で瑛太さんがさらに薩摩というのイメージが勝手に湧いてくる俳優となりそうです。

大河ドラマ「西郷どん」の瑛太さんを応援しています。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(感謝 by モモガド  ^^)

よろしければ、2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」についての別記事もご覧ください コチラ